天竜の山の鍛冶屋さん

今でもトンテンカンテンと「鍛冶」を生業にしている鍛冶屋さんを
林業女子会@静岡といっしょに見学してきました!

まずは、鍛冶仕事を見学・・・
まさにイメージ通りのトンテンカンテンでした!

片桐鍛冶屋さんでは、鉈や鎌など、林業の道具を作って来たとのこと。
この鎌は、「金原鎌」「明善鎌」と呼ばれる、天竜地方独特のものだそうです。天竜の山を整備した明治の地元の名士・金原明善が改良を指示して、
この形になったそう。

一般的な下草を刈る鎌より、刃が薄く小振りで、取り回しがしやすいとのこと。
天竜の山は日照時間が長く、下草がすぐに丈夫に伸びるため、
より刈りやすく、刃がもつ形を追求したそうです。

道具は、その場所の自然環境に合わせて進化していくというのは
当然なのかもしれませんが、
結果として形が異なってくることに、とても興味を覚えます。

最近では、どうしても林業関係の仕事が少ないため、
包丁なども作っているとのこと。
この前日には、そば切り包丁に初挑戦、
そのほか、出刃包丁やいわゆる普通の包丁も製作。
私は、憧れの「鍛冶屋さんの包丁」を購入しました^^

新しい品目を作ることに対して、
悲観も気負いもなさそうに、さらっと「やってみたんだよ」という
片桐さんはかっこいいです!

夏の暑い時期に、お時間頂きありがとうございました!


Scroll Up