スギ棒製作工程(長良組だより)

長良組・古田組長より、スギ棒(スギダラ会員証)の製作過程レポートが届きました!
スギダラ棒製作の発端の様子はこちらの記事へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)自慢のコンピューターモルダー(成形機)で70本のスギ棒材料が
15m/分削り速度で5分で成形完了
サイズ15mmx15mmx600mm超小物サイズで機械もビックリ

成形加工担当 ツアー参加者 今井
性格・・・・・? 鉄の塊には何を言っても勝てない

(2)精密横切りで定寸150mmにカット
長さのバラツキはプロとして許されない

定寸カット担当 ツアー参加の 吉川
1本のミスも許さない性格几帳面

(3)定寸カットされたスギ棒

(4)穴あけ工程
冬目・夏目で太いキリも横え逃げてしまう
慎重に!慎重に・・・

穴あけ係 古田
短気で性格が荒く、目も衰え枯葉マーク年代 十数本失敗

(5)最終工程 研磨
1本、1本と愛情こめて研磨
スギベッピンさん(良スギ材)
研磨人 ツアー参加者 自称ベッピンさん? の高野

(6)出荷
全てのスギ大好きな仲間に愛されてほしいですね。
くの仲間が増えることを願って !!


Scroll Up