大分スギダラツアー 前哨戦 JR九州大分支社勉強会4

さて、いよいよトリ、若杉・千代田両氏のスギダラ発表です。

しかし若杉さんは「やったるぜ!」というよりも、
少し曖昧な、どちらかというと困った表情を浮かべていました。
分かります、分かります。
なぜ困るか。
それは、ワカチヨが話そうとしていることは、
すでに、課長さんと荒川&河野さんがお話ししたていたからです。

正確には、
 俺たちがはなすネタがなくなっちゃったな〜〜という
 場を任されたエンターティナーとしての困り
と、
 それぞれが別々に走っていたと思っていたのに、いつのまにか
 同じ所にたどり着いていた、それも生き生きと!! という嬉しさ
が、同居した表情だったのでしょう。

実際、課長さんと川河コンビの発表の後にいったい何を話すんだろうと
心配したキャッシーですが、もちろんそんな心配は無用でした。

以下、ワカチヨによるトーク・キャッシー的まとめ。
矢印の後はキャッシーの感想や意見です。
--------------------------
・スギダラは2004年に始まり、1600名を超える会員数になった。
 真新しい活動は、1年目は、全然受け入れられない。
 しかし5年もすると、案外「当たり前」になってくる。
 そしておそらく、20年もすると「文化」になる。

・仕事とは、売買をする関係だが、売買に加えて扱うモノやコトを「好きになる」
 ことが、スギダラやその周辺の活動にあるもの。

・「好きにならんとやってられん」ようなものを、仕事の場にのっけると
 やっぱり全然受け入れられないが、1年も粘ると根負けしてくれる。
 →1年間、断られても冷たくされても暑苦しくアピールし続けるほどの
  力があれば、無理に思えることも、なんとかなるみたい!

・地方には地方の、コミュニティの人にはコミュニティの人の良さがあり、
 企業にも企業の良さ、強みがある。例えば、流通力。
 →他にも、規模の力、発信力(内容の信用性)、お金の力 などがあると思う。

・※この話したのはワカチヨじゃなかったかもですが
 プロパティ(立場や属性)が同じ人の集団は効率が良い。例えば企業。
 しかし効率が良いだけで面白くはない。
 これから面白いのは、プロパティが多様な団体。
 →例えば、行政と子供と企業が一緒に行うプロジェクト。(移動式夢空間ですね)
  ただ、今ドキの若者は、”地方の面倒見のよいおばちゃん”的な色濃い人間関係
  は経験したことがない人が多いと思うので、その辺はソフトランディング
  したいな〜 私自身、それなりに近所付き合いのある田舎に育ちましたが
  ちょっとしたことが町内の噂になるような濃ゆさは、ちょっと苦手・・
--------------------------

例えば文化ってこんなことじゃないかしら

別府市内随所にある温泉施設。
他地域の温泉施設とは立ち位置が全然違うことに驚愕した!
別府民には当たり前なのにね。詳細は次の記事で。

翌日からは別府に移動し、めくるめく別府街案内。
「別府が好きすぎて別府になりたい!」という別府の化身、
アベリアさんから、”別府のみんなの当たり前”を紹介頂くのです。
中央の女性が、アベリア。
大好きです。
あ、日本人です。

続きは、こちら:大分スギダラツアー 別府地獄巡り


Scroll Up